ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
     
ハイギアクリスタル    (高出力水晶)  
ビューティークリスタル  
iris イリスシリーズ  
パワーストーンアクセサリー  
 
 
  メルマガ登録/解除  
 
 
     
      0555-73-8565 or 090-9313-4368  
 
 
    メールはこちら
 
 
 

アリス・レインボーインスモーキークォーツスフィア

アリス・レインボーインスモーキークォーツスフィア アリス・レインボーインスモーキークォーツスフィア アリス・レインボーインスモーキークォーツスフィア アリス・レインボーインスモーキークォーツスフィア アリス・レインボーインスモーキークォーツスフィア
アリス・レインボーインスモーキークォーツスフィア アリス・レインボーインスモーキークォーツスフィア アリス・レインボーインスモーキークォーツスフィア アリス・レインボーインスモーキークォーツスフィア アリス・レインボーインスモーキークォーツスフィア

商品名 : アリス・レインボーインスモーキークォーツスフィア

原産地 : ブラジル

価格 : 89,000円(税込)

数量 :

 商品合計代金1万円以上は送料無料

非常に美しい、豪華で大きなアイリスレインボーが内包された、透明感の高いスモーキースフィアです。
スモーキークリスタルの中に内包されているレインボーは、クリアなクリスタルとはまた違った、趣と深みのある美しさがあり、魅了されてしまいます💛
自分自身を愛せないと、他人を愛する事は難しいですよね。自分を愛したいのに愛せないで困っていらっしゃる方に、是非ともご携帯いただきたいです。


 

重さ165グラム 直径50ミリ
産地:ブラジル
シリアルNo1266:アリス・レインボーインスモーキースフィア


エルダーとは?  ←クリックしていただくと、詳しい説明が表示されます。
 

『エルダーのメッセージ』
自分を愛せないという人がいる。

自分に対して否定的である理由の一つとして、理想の高さがあげられる。

自分の頭の中で練り上げてきた、理想の人間、理想の自分。

こうなりたいという理想とは、かけ離れた自分を見つけた時、

人は己を否定するのだ。

例えば、初めて他者に好意を抱いた時、人は頭の中で妄想する。

相手とのやり取りの中で、自分の思うがままに相手が自分に好意を寄せる。

自分がこう言えば、相手はこう返すだろう。

こんな行動を取れば、確実に相手の気を引くだろうと妄想するのだ。

しかし実際にはどうだろう?

自分の望む答えや行動を、相手がそっくりそのまま返すだろうか?

物語の主人公よろしく、自分の望む形のハッピーエンドとなるだろうか?

答えは否だ。

何故ならそれは、コントロールにほかならないからである。

相手から望む答えを引き出したいなら、相手をコントロールせねばならない。

強い力で押さえつけ、有無を言わさず、支配せねばならないのだ。

だが相手にも心があり、その複雑な心を掌握するのは至難の業である。

たとえ絶対君主と言えど、一人一人の心の中までは決して掌握できぬ。

つまり、貴方を掌握できうるのは、貴方ただ一人しかいないということだ。

貴方の指を動かせるのは、貴方の意志だけである。

他の人間がいくら貴方の指を掴んで無理やり動かそうとしても、それは

まことの動きではなく、痛みを伴うはず。

貴方の心が許さなければ、指一本として滑らかに動かすことはできない。

自分をうまくコントロールできず、心とはうらはらな方向へ行ってしまう。

頭は朦朧とし、常に気だるく、気力も萎えて、身体が言うことをきかない。

世の中の全てが自分を非難しているような錯覚に陥り、果ては自分を捨てて

しまいたくなる人がいる。

どんな人間でも、自分を価値ある存在だと信じたいものだ。

たとえ脇役でも、重要な存在だと信じたい。

だがふと心に魔が差す時がある。

自分などこの世から消え去っても、何も変わりはしないのではないか、

この世の何処にも、自分の居場所など無いのではないか、そして

誰からも求められず、愛されないなら、生きる価値などないのではないかと。

これは、心だけは清らかで崇高な場所に居て、

自分を見放していることに気付かない事によって起こる。

自身と同じように、他者を見下していることに気付かないのだ。

故に当然、不幸が尽きない。

人は不完全なればこそ、この世に生まれているのに、

その不完全さを呪えば、他者が自分を見る目も当然厳しいものとなる。

まっとうに生きようとすればするほど、他者からの厳しい目が及ぶだろう。

恥を受け入れ、本心をぶつけ、自分の心を適度に濁すのだ。

そうすれば、傷付くこともなくなる。

この石の美しさ、図らずもそれは、傷から生まれたものである。

この石が自らの傷を認めた時、また別の強さと美しさを内包したものとなった。

無垢な美しさは永遠ではない。

悠久の時の中で、傷付き汚され、それを誇らしく生きることこそ

真の美しさと言える。

貴方が貴方を愛さねば、誰が貴方を愛するのか。
 

『スタッフコメント』

美しいレインボーを内包したスフィア。

大きさも手頃で、持ち歩きにもいいですね。

なぜだかご自分を愛せない、と悩む方は多いと思います。

もっと完璧なビジョンがあるにも関わらず、そこに近づけない。

自分が選ぶものは全てハズレで、間違っていて、自信が持てない。

それは一体、どこから来るのでしょうか?

幼少期に植え付けられた種かもしれませんし、もっともっと前の

前世から来る、根の深いものかもしれません。

この石の名となったアリスとは、誰でもが知るあの少女の名です。

ルイスキャロル原作の不思議の国のアリス、そして鏡の国のアリス。

悪夢のような世界へ入り込んでしまったアリスが、冒険し、失敗し、

選び間違いをしながら成長していくという物語です。

ありえないシチュエーションとどこか不気味なキャラクターたちを、

ファンタジーと捉えるか、悪夢と捉えるかは読み手次第ですが、

物語の中では、普通であるアリスこそが異邦人であり、不気味な存在。

イエスがノーでノーがイエス。

前に進めば戻るし、戻れば進める鏡の世界。

そんな不条理な世界観を児童書として発刊するとはさすがイギリスです。

確かに大人には、ちんぷんかんぷんなものかもしれません。

子供だからこそ、その柔軟性で受け止められるのでしょう。

もし自分がこんな知らない世界に入り込んでしまったら?

怖くて一歩も進めないかもしれません。

しかしたとえどんな世界に入り込んでも、アリスは自分を見失いません。

その時その時を、なんとも臨機応変に乗り切るのです。

怖いもの知らずといえばそれまでですが、彼女はどんな世界の中でも

自分という存在を楽しみ、確立しようとします。

幼少期においてのそれは、とても大切なことなのかもしれません。

人生という遊園地を楽しめるか、それとも恐ろしくてじっとしているか、

それはもちろん個人の自由ですが、

ジェットコースターが怖かったからといって、他の乗り物には乗らない。

それはとても勿体無いことです。

貴方は自由です。望めば世界の端々まで見て歩くことだってできます。

そこに自分の居場所は本当に無いのでしょうか?

自分を鎖で繋いでいるのは、他ならぬ自分自身です。

誰かに否定されたなら、自分の居場所は他にあるということ。

すぐに切り替えて、別の居場所を見つければいい。世界は広いのですから。

自分を無理に変える必要などありません。ネガティブでもいい。

そもそもポジティブな方がいいと、誰が決めたのですか?

胸を張ってネガティブだと言えばいい。影があってこその光です。

後ろ向きに生きた方が、普通では見つからないものが見つかる事もあります。

必ず、役に立つ時が来ます。

大切なのは、この石のように、自分の中のただ一つのものを輝かせること。

それだけでいいのではないでしょうか。


Copyright © ever-crystal All Rights Reserved.     0555-73-8565 or 090-9313-4368
商号名 : ever-crystal   代表 : 井野由美子 吉岡花織
個人情報保護ポリシー 個人情報担当者 : 吉岡花織  特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 山梨県